給料だけで足りないなら別の収入源を作ればいい

パソコンで小金持ちを目指す在宅スモールビジネス!!

厚生労働省が発表した勤労統計調査によると、2014年度の、
働く人1人当たりの現金給与総額は、前年度比0・5%増の31万
5984円で、4年ぶりに増加したそうです。一方で、物価の影響
を考慮した実質賃金は3・0%減で、4年連続のマイナスだった
とのことです。実質賃金の下落率は、現在の方法で統計を取り始
めた1991年度以降で最大だそうです。 物価上昇に賃金の伸び
が追いつかず、アベノミクスの恩恵が労働者に届いていません。


物価の上昇スピードを考えれば、給料の伸びが追いつくのは難しい
でしょう。政府が要請して、一部の大企業が賃上げしても、従業員
300人以上の大企業というのは、全企業の0.3%、従業員総数
でも、雇用者の3割ほどにしかなりませんから、大して効果はあり
ません。収入を増やすには会社が給料を上げてくれるのを待って
いてもいつまでも増えないでしょう。自分で別の収入源を作った
方が早いです。在宅で出来るネットワークビジネスもそのひとつ
の方法です。努力次第で高収入になる可能性がある完全在宅の
パソコンビジネスです。


在宅ネットワークビジネスは完全な成果主義のビジネスですから、
終身雇用とは対極に位置するものです。成果を挙げれば成功報酬
や不労所得型権利収入増えて高収入になっていきます。非常に
わかりやすい成果主義の個人ビジネスです。終身雇用とはまるで
違うものですが、「安定性」という点では似ている面もあります。
在宅ネットワークビジネスでの収入源は年金のような不労所得型
の権利収入です。この権利収入を増やして小金持ちの成功者に
なるには、ある程度の努力が必要です。


努力と言っても、好きな時間におひとり様パソコン作業をする
だけです。内職ワーク在宅ワーク感覚で始められますが、一般
的な内職ワーク在宅ワークよりも自由度がはるかに高く、努力
次第で高収入になれる可能性があります。副収入を稼ぐための
サラリーマンの副業としても、ダブルワークが両立しやすく、
ワークライフバランスに優れたシステムの個人ビジネスです。
初期費用が安く、小資本で取り組めます。パソコンひとつで幸
せな経済的自由人を目指せる完全在宅の小金持ちビジネスです。

パソコンで小金持ちを目指す在宅スモールビジネス!!








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック